logo

コンテナ船

事業報告

平成30年度事業報告について
令和元年5月24日

本会は、基本理念「大阪湾水先区水先人会は、技術の研鑽に励み、順法精神に基づき、 大阪湾水先区の航行船舶の安全と運航能率の増進を追及すると共に、環境保全に努め、 社会の発展に寄与する」に従い、会則第4条に規定する事業を、平成30年度事業計画に基づき実施した。



  1. 重点事項
    平成30年度期首において、新人一級水先人4名、二級水先人10名、三級水先人8名となった ことから、水先人の品位保持のための教育訓練を確実に実施し、且つ引受取次業務の円滑 な実施を図り、コンプライアンスの徹底を重点事項として各事業を推進した。
  2. 各事業
    1. 適正化事業
      1. ① ユーザー意見の収集とユーザー対応委員会による対応
        引受取次業務の円滑な実施のため、大阪支部において毎月定期的にユーザー懇談会を開催し、また大阪以外のユーザーとは個別的に意見交換に努めた。また、官公庁が進める港湾事業計画の航行安全対策検討のため神戸海難防止研究会調査研究活動等に参画した。
        (大阪支部関係)
        1. ユーザー懇談会(大阪港振興協会、大阪市港湾局、阪神国際港湾、大阪港タグセンター、船舶代理店、築友会)
        2. 大型クルーズ客船誘致に伴う航行安全対策検討(大阪府港湾局:堺泉北区)
        3. 大型コンテナ船(14000TEU型)受容れに伴う大阪区航行安全対策検討(神戸海難防止研究会)
        4. 三者懇談会(大阪海上保安監部、港湾局、阪神国際港湾)
        (神戸事務所関係)
        1. 神戸三者懇談会(港湾局(旧みなと総局)、神戸海上保安部、大阪湾海上交通センター)
        2. 大型コンテナ船(14000TEU型)受容れに伴う神戸区航行安全対策検討(神戸海難防止研究会)
        3. 神戸製鋼(株)発電事業展開に伴う灘浜航路指向灯設置検討
        4. 阪神高速道路5号線(湾岸道路)延伸工事に伴う神戸区内の建設工事 への航行安全対策検討(神戸海難防止研究会)
        これらの対応によるものを含め日常的なユーザー意見への対応を図った。また、引受取次業務に関しては問題なく実施され、ユーザー対応委員会を開催することは無かった。
      2. ② 会員による水先業務の適正な遂行を持続するため新人・進級水先人の業務検証を以下のとおり実施し、指導・教育を強化すると共に水先業務継続に問題がないことが確認された。
        1. 平成30年7月1日〜8月31日
          対象水先人:新人一級水先人11期3名、二級水先人10名全員、三級水先人8名全員
        2. 平成31年3月1日〜3月31日(及び平成31年度4月1日〜6月30日)
          対象水先人:一級水先人11期3名、二級水先人(新人)3名、二級水先人(進級)7名、三級水先人3名
          (一級水先人12期2名は7月期に予定、二級4期水先人は実船研修中)
      3. ③ 日本水先人会連合会の提唱に基づき全国35水先人会と共に、毎年9月期の1か月間を安全運航強調月間と定め、事故防止の重要性の啓蒙・再確認を図るべく以下の活動を実施した。
        1. 大阪港タグ協会・大阪府タグ協会所属タグ乗組員との合同意見交換会
        2. 大阪綱取り船事業者との意見交換会
        3. 神戸タグ協会所属タグ乗組員との意見交換会
        4. 大阪湾水先艇(株)主催の海中転落者救助訓練及び通信訓練への参加
        5. 神戸綱取り船事業者との意見交換会
      4. ④ 水先人自身の乗下船安全対策を再確認すると共に船舶乗組員の理解を深める目的で、乗下船安全キャンペーンを以下の通り実施した。
        1. 7月2日〜6日の5日間(全国統一キャンペーン(日本水先人会連合会))
        2. 10月1日〜10日(IMPA 水先人乗下船設備に関する調査)
      5. ⑤ 会員の技術向上及び健康管理など品質管理を推進するべく以下の通り実施した。
        1. 二級水先人の経年業務制限トン数緩和に伴う堺泉北区内バース(桟橋、岸壁等)への非危険物船舶への配乗機会を捉え、過去の修業経験を補い水先業務の適正な遂行を補強するため操船シミュレーターによる習熟研修を実施した。
        2. 4,5,6月に会員の健康検査を実施、個々の健康状態を確認し、必要に応じ再検査を求め、会員の水先業務に対する健康上の適正を確認し、日本水先人会連合会に報告した。また、9月に水先法に定める身体検査を全員が受検した。
        3. 水先業務品質マネージメントシステムによる内部監査及び外部審査を受けマネージメントレビューを実施した。
    2. 水先人の養成関連事業
      1. ① 新入会員等に対し、水先人として業務遂行に関する以下の訓練研修を実施した。
        1. 平成30年9月1日入会の新規三級7期・9期水先人4名及び平成31年2月1日入会の新規一級12期水先人2名に対して新人水先人実務研修規程に基づく陸上研修及び実船研修を実施した。一級12期水先人は平成31年2月23日より単独水先業務を開始した。新規三級7・9期水先人は2月21日より実船研修の全域操船研修中である。
      2. ② 二人乗り大型危険物船登録水先人を養成するための訓練研修を実施した。
        1. 平成28年2月入会の一級10期水先人4人に二人乗り大型危険物船登録水先人候補として堺泉北区の大型危険物バースを対象とした操船シミュレーター研修を実施した。
      3. ③ 水先養成制度に係る新人水先修業生及び進級課程水先人についての水先区個別教育を実施した。また、複数免許課程水先人を舞鶴水先区個別教育へ派遣した。
        1. 一級12期水先修業生3名、三級10期水先修業生の個別教育を実施した。
           一級12期:平成30年8月9日〜12月16日
           三級10期:平成30年8月9日〜令和元年 6月 16日(予定)
        2. 二級進級課程(三級4期水先人)修業生5名の個別教育を実施した。
           三級 4期:平成30年9月22日〜平成31年1月22日
        3. 複数免許課程 一級水先人1名を舞鶴水先区複数免許取得のため、水先教育センターへ共通教育、舞鶴水先区へ個別教育派遣した。(水先人試験日を含む)
           一級3期:平成30年10月1日〜12月7日
      4. ④ 日本水先人会連合会からの要請に基づく他水先区への業務支援を実施した。
        1. 舞鶴水先区水先人会へ水先人1名をスポット派遣支援した。
           一級3期:平成31年1月26日〜1月30日(5日間)
      5. ⑤ 水先人会における自主的再教育訓練の実施及び日本水先人会連合会が実施する研修等へ参加した。
        1. 自主的再教育として一級水先人3名に対して、シミュレーター訓練を5月21日、8月2日、8月29日に実施した。
        2. 日本水先人会連合会が開催した安全研修に参加した。
           7月17日、18日(神戸会場):15名  8月21日、22日(名古屋会場):2名
        3. 日本水先人会連合会が開催した新人研修に参加した。
           4月17日、18日:一級(11期)水先人4名、10月15日、16日:三級(7・9期)4名
        4. 水先教育センターで開催された免許更新講習に参加した。
           5月:5名 9月:2名 10月:10名 11月:8名 12月:4名
    3. 引受取次業務事業
      1. ① 会員のする水先業務の引受けに関する事務のOA深度化を実施した。
        1. 平成29年度の「業務支援システム」再構築作業への取組を深度化した。即ち継続していた事前作業を9月に終了、10月よりシステム開発作業を開始した。1月に「要件定義」作業を終え、2月より「外部設計」作業を開始した。6月には「内部設計」へ進む予定。
        2. 「業務支援システム」再構築事業に並行して、総務系のOA深度化を推進した。
          1. 旧総務系サーバーの保守契約期間満了に伴い新サーバーを12月に導入しリース契約を開始した。
          2. 事務効率化を図る観点から、従来から導入されていたグループウエアのバージョンアップを実施し、総務課から開始して平成31年2月より業務課にまで展開し全職員を対象とした。令和2年初頭には更なるバージョンアップが行われる予定。全水先人への展開を予定している。
      2. ② 改正引受事務要領に則った引受取次業務を遂行した。
        1. 引受事務要領を定める規程(平成27年改正)に則って的確に引受取次業務を遂行した。
      3. ③ 指名を含めた水先料金収受事務の整備を的確に実施した。
        1. 『料金プラン適用』については特段の問題はなかった。また、適宜『料金プラン適用』対象船の追加・削除を行った。
        2. 料金収受については、一部代理店の支払い遅延に対して、繰り返し水先料金の督促を行っており、当会職員による対象代理店へ訪問説得する等対策を続けている。
    4. その他の事業
      1. ① ユーザーの水先要請に必要な情報及び本会に関する諸情報の公開を継続している。
        1. 水先人会Webに当会の「情報公開基準」に則り一般公開情報を公開している。本件に関して開示請求要望は無かった。
      2. ② 合同事務所の設備維持に関する営繕活動を実施した。
        1. 合同事務所(神戸事務所)の什器老朽化に伴い、水先人待機室、業務部、総務部の一部設備を新替えした。
        2. 5年前の耐震工事・昇降設備新設工事に伴う改築工事以来の床敷物老朽化部分を一部新替えした。
        3. 照明設備のLED化計画を推進し、先行していた3階以外全館照明をLED化した。
  3. 平成30年度の会員の移動状況
    平成30年3月31日現在の在籍会員数108人
    (一級90人、二級10人、三級8人)
    期間中の異動 入会6人(一級2人、二級0人、三級4人)
    進級5人(三級から二級に進級)
    退会8人(一級8人)
    平成31年3月31日現在の在籍会員数106人(一級84人、二級15人、三級7人)
以 上
TOP